縄酔いの宴

移ろう時を縛る

どーも!
影の女です。
⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾


影や水鏡、雲を撮るのが好き。
同じ姿形に留まらず、少し目を離せばまた違う表情に変化する。
移ろうものに、儚い無常の美を感じます。

 

f:id:izuminana:20170919222759j:image

 

f:id:izuminana:20170919222857j:image

 

 f:id:izuminana:20170919223148j:image

 

 

 

縛りも、同じ縛りなんてありませんよね。
同じ相手、同じ縄筋でも、
その時々によって、感じ合うものが異なりますね。
それが人と交わし合う楽しさ、残酷さ、
虚しさ、哀しさ、愛おしさ。
興奮と刺激。嗜虐被虐の欲情、憎しみ、所有欲…

 

あまりにも容易く移ろう世界に、たまらない寂しさを感じます。

時よ、美しいまま止まれ!
なんてね。
だからこそ、強い絆で繫がれていたいのかなあ。

 

写真は縛りだ。
と、最初に言ったのは誰でしょう?


対象と徹底的に向き合う。

レンズを向けて、相手の本質を暴く。
その人のほんとうを、写し出す。
さらけ出された真実を写すのが写真。

相手と気持ちが重なりあったとき、
やっと心に触れられる。

自分だけが見出した相手の姿を、
自分の世界に強引に引き寄せて、閉じ込める。
切り取った一瞬は、私だけのもの。


カメラで縛る。
写真は、縛り。

 

カメラは責め道具
と、友人が言いました。


この人にだったら撮られたいと、
心を開かなければ、
いい表情は写せない。
ましてや性的な写真なんて。
性的な写真を撮らせることは、ある意味人生を預けることと同義。
簡単にエロ写真なんて、撮らせちゃダメですよ。

 

女性のポートレートは有名カメラマンが撮るよりも、恋人が撮った方がよっぽどいい顔の写真になる。
とは、よく聞く話。


やはり、信頼関係が必要なのですね。


一眼レフ買いました!

 

f:id:izuminana:20170919223339j:image


ミラーレスの初心者向け。

軽くて持ち運びに便利。
大好きな方に、アングルやセンスが良い、と褒めていただいたので…

嬉しい!調子に乗ってしまいます!

 

もっとカメラを楽しもう!
ナナアングル極めます!
(´。✪ω✪。`)


カメラで縛っちゃえ!!
♪ ♬ ヾ(´︶`♡)ノ ♬ ♪

 

早速撮った!

 

f:id:izuminana:20170919222720j:image

 

f:id:izuminana:20170919222713j:image

 

f:id:izuminana:20170919223428j:image

 

f:id:izuminana:20170919223448j:image

 

f:id:izuminana:20170919223514j:image