読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄酔いの宴

テーマは解放!

縄業界では、割と顔を知られています。
私を知る人からは
君は縄グルメだから…
俺なんかじゃ…と、何も言う前から
敬遠されたり、
怖いと言われたり…
心してかからないと…
と、縛り手に覚悟を必要とさせてしまうようになりました。


屈強な見た目の縄師さんに緊張されてしまうことが多いのです。
私は無力で、縄酔い以外取り柄のない、力の弱い一般女ですよ…


ダメじゃん…。

非モテ

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ〜ん!


全く業界に興味のないマニアさんの方が、話をしていて気が楽な場合もあります。

 

 

最近、縄メインの変態活動において、
危機管理の基準が変わってきました。
どのSMバー、縄会サロンが女性でも安全に遊べるか、
危なくないか…ではなく。

どこが摘発されないか。
手入れが入らないか。
に、話題の中心が移ってる。

東京は特に!ね。

 

怪我したくない…
酷い目にあいたくない…
変な男に引っかかりたくない…
という警戒心より、

捕まりたくない…
(´・ω・`)

に、重要ポイントがシフトしてきている気がする。

 

どうなるのでしょう。
緊縛界、SM業界、AV風俗エロ産業。

なんでお前が憂いているんだよ、
関係ないだろと、うざがられそうですが。

 

これ以上安全に遊べなくなるのは嫌だし、フェチのお店で変態仲間さんとセキララトークするだけでも楽しいのに…と思うし、
コミュニティにいる方々に愛着のようなものが勝手に湧いてきておりまして。
好きなプロの方が活躍を狭められるのも嫌。
昔からのアマチュアマニアさんも、肩身が狭いらしいですね。
アートとして緊縛をしていても、世間によって、表現を制限されてしまう。不自由ですね。


縄は縛りだけど、表現は自由なのにね。

女の子が身の危険があるのは昔からのことでしょう。だいぶ遊びやすくはなっているとは思います。


男女中性縛り手受け手問わず、ある程度経験を積んだら、個人事業主感覚を持つのがよいのではないでしょうか。
初心者や慣れない子は、なるべく周囲がサポートをしていきたいですよね。

 

私も業界や緊縛初心者の子に、お節介にならない程度に忠告したりもしてますが…

女の子が渡り歩くのは、
危ないこともたくさん。
狼の群れに飛び込む子猫ちゃんだよ。

にゃん!

危ないことだけじゃないけどね!

 

半島で緊張が高まっている。
憲法改正が社会的大問題。
東京オリンピックも数年後。
平成もそろそろ終わり。

時代が動いていますね。

 

新しい年号を迎える時、
緊縛界どうなっているのかな?
みんなどうなってほしいのだろう。

なんて。
ついつい余計な心配をしてしまいます。

 

縛りを愛する仲間の皆さんが、
より豊かな人生を送れますよう。
そして私自身も、もっともっと一人の女として、人として、輝いていきたいです!

 

緊縛を始めたおかげで、私は格段に綺麗になりました。
ってまた自分で言っちゃった。


( ̄ー ̄)ニヤ...
いいんだ…

そのために努力もしているし、
自分を見つめ直すよいきっかけになりました。


緊縛はもともと女性賛美、女性美崇拝の思想も根にありますね。

女の人を綺麗にしている、幸せにしている縄師さんは、神様からも愛され、守られます!
きっとね。


これからのテーマは解放!

ぐちゃぐちゃ考えすぎる癖がある私です。ただのめんどくさい女です。

 

縛られるようになって、良かったこと。

ありのままの姿を解放して、人前に曝けだせるようになったこと。

そしてそれを、喜んではあはあしてくれる人がいること!


ლ(◉◞౪◟◉ )ლ 

 

いい顔とはつまりは表情、顔の造作ではなく、内面からにじみ出るもの。
単なる外見より、中身を褒められているようで、すごく自信になります。
見てくれより、精神的なものを重視するのは、変態さんの一番好きなところ。

 

たとえそれが、
苦しんでいる表情だとしても。

 

やたら冷静な分析魔である私ですが、
もっと感情を解放して、
イキイキ溌剌と、楽しく生きていきたいなあ。
理性も重要!理性があるから、大切なものは守りながら遊べている。
ただ、もっと感情を大事にしないとね!

 

そのためには、もっと自分の性にも向き合わなきゃ!と思うこの頃です。
真の快楽は、解放から生まれる!

縄には詳しくなったけど、
肝心の性はちょっと…
いい年してお子様かも。
(´,,•ω•,,`)
私の女性器が、そろそろ心配であります。笑

 

その他のフェチにも目を向けてみよう!
と思う、今日この頃。

明日、フェチフェスというイベントに行きます!

事前情報あまり知らないけど、楽しみだなあ!


より官能的に。
美しくしなやかに。
毅然としながらも、儚く柔らかく、
包み込むような慈愛の精神を忘れずにいたいです。

 

女は花です。
器じゃないよ。


可憐な花でいられるのは、今のうち!