読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄酔いの宴

SMの匂い

SMバー、サロンなど、
SM業界と呼ばれる仮想空間に出入りしている紳士淑女の皆様。
心優しく他人を慮る、良識あるマニアの皆様。
プライベートで密かに楽しむ派のSMファンの皆様。

SMに、染まっていませんか?
染まっちゃいないよ、俺は楽しく遊んでるだけだから、
なんて、宣うなかれ。

 


暗い雰囲気は、必ず知らぬ間に染み込んでいきますよ。

 

 

 

だんだん表情に陰が差していくんです。
落ち着きのない、やたら人目を気にするような、どこかビクビクとした、
暗い雰囲気。

 

 

 


犯罪人みたいな感じ。
逃亡者、と言った方がいいのか。
公明正大に生きてない感じ。
人目を憚り、常にこそこそとしているような…。

 

 

 


SMに染まるとそうなってしまうのだなあ…と、ちょっと怖くなる。

業界テリトリー内にいると、気がつかないものですが。
日常の範囲内にいると、どこか違和感を与えるようになるのです。

私も最初SM業界のお店の陰湿な空気に、ぎょっとしたものです。
独特の湿り気、ぬめっとした気持ちの悪さが、皮膚にへばりつく…
写真の暗室にちょっと似てる。
最初はほとんど話せなかった。異質な場所だったから。

 

 


でも今は慣れちゃったけどね。
何が表か裏かなんて、分ける必要ないでしょう。
私は私。
という開き直り精神が、最近ありますが…。

 


背徳的、と言ったら聞こえが良いのですが、
やはり特殊な世界に身を浸すと、
どこかすれたような危うさ、何をしでかすか分からない神経質さ…
が、漂うようになる。
男女問わず、だいたいの人は、闇に染まる。
一言で言うと、病んだ人の表情になる。
精神を病んだ、というより、
魂を病んだ、
というのが近い。

それはアマチュアマニアの場合ですよ。
プロの方は輝きも多く感じさせなきゃ、人に認められないでしょうから…。

 


私ですか?

 

 

染まってない自信ありますよ。
というより、大人になったかも。
メンタルがなぜか健全になりました。
よほど緊縛が向いてるのかな。
芯が強くなったような。

 


ლ( ◕(工)◕)ლ

 

 


普段から善良なおばちゃんやじじばばに可愛がられるし、
あれだけ人生経験豊富な人たちが構ってくれるのだから、闇の匂いはあまりしてないんじゃないかな。
なんか事情はありそうに見えてるんだろうけど…笑

 

それは、超マイペースだからだ!
我が道しか行かないからなのだ!
それでいいのだ!
つまりはバカなのだ!

 


ლ(◉◞౪◟◉ )ლ 

 

 

 


…分からない。
勘のいい人は、匂いに気がつくかも。
でもいいの。
匂いの正体に勘づくのは、
多分、同類の人間だから…

 

 

∩(´∀`)∩ワァイ♪

 

 

だよね?
マニアの方は、自分の匂い、
嗅いだことありますか?
染み付いてますよ、
強烈なSMの匂い。
匂いは誤魔化せないですからね。

 

 

 


一つだけ、明らかに染まったものがある。

 

 

 


髪を真っ黒に染めました。

 

 

 


髪の下半分だけ微妙に茶色かった。不自然じゃないから放置してましたが、やはり気になりはじめてしまいまして。

 


今は濁りも混じりもない、
黒髪です。

 

 

 

 

 

そう。
何にも染まらない、黒!

 

 

 

 


和泉那奈