読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄酔いの宴

昭和歌謡愛④

 今回ご紹介するのは、

切なく狂おしい女心を歌った名曲!

 

『ついて行きたい』

歌っているのは、台湾出身のテン・リーさん。

必殺シリーズの主題歌にもなりました。

好いた男について行きたい、

けど、なんらかの理由があってついて行けない。一緒になれない。

 

 

そんなもどかしさを、熱く歌い上げています。

 

巡り会い、

すれ違い、

別れ…

 

人生はその繰り返しですね。

縄の世界でも同じこと。

 

 

 

『ついて行きたい』

作詞作曲  たきのえいじ

 

鴎が一羽
雨にさらされ鳴いてる
帰るあてもない 身の上ばなし
涙ばかりが 後ひく

 

※せめて一日 せめて一晩
あなたのとなりで暮らしたい
ついて行きたい ついて行けない
問わず語りが悲しい
ついて行きたい ついて行けない
あなた恋しい※

 

寒さしのぎに 背中丸めて
海鳴りばかり聞いてる
燃える想いさえ 届きはしない
波がふたりをさえぎる
女ひとりの 心細さを
も一度優しく 抱きしめて


ついて行きたい ついて行けない
愛はいつでも 気まぐれ
ついて行きたい ついて行けない
あなた恋しい

 

 

 

ついて行きたいけど、ついて行けない、

ついていかせてもらえない。笑

実際にも、思い合っている男女が、

環境や立場のせいで、離れ離れになることはよくある。

 

 

地元バーの飲み友達は、皆私が緊縛モデルをしていることを知っています。

熱く縄について語ることも多い。

地道に草の根的な普及活動をしているのですが…なかなか手を出す踏ん切りがつかないらしい。

みんな口を揃えて言う。

ハマるのが怖い、と。 

 

ついて行けない。と。

 

(´・ω・`)ショボーン

 

ついてこなくていいです。

追い越してください。

ついて行きたいの。

 

 

 

野良猫にはついていっちゃう!

すぐ逃げられる。

ついて行けない!

 

 

 

~(=^・ω・^)ノ ニャー!

 

 

 

 

和泉那奈