読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄酔いの宴

SMとメンタル

今日はちょっと、真面目に書きます。

(`_´)ゞ

 

S男性の場合。自身の人生設計に従い仕事に打ち込み家庭を作り、中年にさしかかった頃遊ぶお金と余裕が出来始め、メンヘラ系を筆頭とする面倒くさいM女に痛い目にあわされながら経験を積み、女の扱いがうまくなる。技術と精神力が身につく。それがだいたい50代くらいの男性に多い。

S男性は50代からが花。

まさに男盛りです。

その10年如何にカッコよく遊べるか、その男性の本領発揮、ということらしい。

 

M女の場合。

最近は20代のうちに、興味本位でSMの世界に飛び込んでくる若い子が本当に多い。

30代になると、ガクッと減る。

結婚して子育てに忙しい場合も多いのでしょうが、精神を病んでやめていく子も多いらしい。あるいは体を壊すか…こんなことしてる場合じゃないと、ふと我に帰るのでしょうか。

M女はどちらかというと、言い方は悪いが消耗品。

残り続ける方は、Sに転向されることもある。もちろんベテランの女性もたくさんいらっしゃいますが、M女でいる総数は少ないように見受けられます。

とにかく、M女の花盛りは短いのですね。女は若さが大事というのは、SM業界に限った話ではないのですが。

縛り手で有名な方は今までの歴史上何人もいますが、受け手はあまり名を残さない。

 

緊縛モデルは怪我をしたら最後だし、縄に何かを求めてハマったとしても、今は人口自体多くなっているから、いくらでも替えがきく。そんな名も無きM女たちに業界が支えられているようです。

 

 

 

縄を受け続けるうちに、だんだん深く入るようになってしまった。

緊縛モデルをやられている方は経験があるでしょうが、縛られた後のハイになった状態が終わると、一種の虚脱状態に陥るのです。麻薬の効果が切れるときも、同じような鬱的な状態になるのでしょうか。

それがどうしてなのか、少し怖くなって、縄に対して慎重になった時期があります。

そこそこ年をとっているので、若い子のように突っ走ることもなくなりました。

昭和の女は回り道を楽しむのが好きなのです。

 

だんだん慣れてくると、縛りの後の回復も早くなる。ガクンと入り、酔いを楽しみ、終わった後はその時々の状況に合わせて理性を回収し、目を覚まさせる。

 

これは縄女が身につけるべし、自己マインドコントロールです!笑

縄に入る子はね。入らない子は大丈夫でしょうが。

これは、自分でなんとかするしかないです。

怖いのなら、やめましょう。

戻ってこれなくなる場合もあります。

縄の世界に精神の一部が取り残されてしまうのです。

 

そんな感じで、結構な精神の動揺があるわけでありまして。

メンタルが脆いと、縄の魔力に負けてしまうような気がします。

 

SMや縄は、精神的な病のセラピーにはならないと思います。もちろん癒しにはなるとは思いますが、根本治療にはならない。

多くのSM関係は、依存に結びつきやすい。

縄の関係も、依存状態になりやすい。

何かに依存することというのは、精神的にはあまり良いことではないように思います。

自分の精神状態をご主人さまに管理してほしい、というM女さんを見かけることがありますが、他人の精神に責任をもつことなんて、到底できない。

そんな簡単にできるなら、精神科医はいらないわけですから。

 

 

だから難しい。縄には魔力があります。

そして、縄に入る受け手には、妖しいまでの吸引力がある。らしい。私は縛らないから分かりませんでしたが。

私のように深く入るタイプは、あんまりやたらめったら縛られない方がいいかもと思いはじめてます。

一歩間違えると、危ういのかな、とも、今更になって感じてます。今更ね!

周りを見ていても、依存状態が容易に生まれやすい。裏の世界といっても、人間関係には変わりはないわけで、そこでこじれたら表の世界にも影響が生じるわけです。

縛り手受け手に、恋愛感情が絡んでしまったら、余計ややこしいことになるでしょう。特にM女性は思い詰めやすいので。

ちょっとそれは怖い。

いい愛着の持ち方、距離感を保つには、 

気力がいるような…

自分の精神を強く持たないといけないのですね。

あるいは何も感じないか。  

感じない方が幸せなのかもしれません。

 

 

縄とは人との繋がりを感じさせるものですが、繋がることで不安がまた生じる。現実を直視できなくなる。

見たくないものから、目を背けてしまう。

いい繋がり方にするには、努力と忍耐、

自分を誤魔化さないこと。

ある程度は、自分本位に楽しむのがよいと思います。

私もまだまだ修業中でございます。

遊びの関係にとどまるのか、恋愛関係に発展させるのかは本人たち次第でしょうが、関係を持続するのはなかなか難しいことなのでしょうね。

 

うーん、全く、M女らしくない。

M女の本質から離れていきますね。

性癖マゾは確かなのに…泣

M女さんって、だんだん気が強くなるんです。SMに対する自分のこだわりが強くなってくる。

屈強なS男性を相手にしていくわけですから、せめて嫌なことにノーと言えるくらいの強さがないと、身体が持ちません。

そして次第にM女らしさがなくなっていく。それが悲しきM女あるある。

S男性が求めている塩らしい従順なM女性は、絶滅危惧種なのではないでしょうか?

幻滅させて、ごめんなさいね。

でも、M女もS男性のずるさに幻滅するのです。

男と女はお互いさま。

 

私はなぜか、格段に頭も良くなりました。

SMが偏差値を上げる!すごい発見!

 

 

 

縄って、変態道具ではなかったの?

 

 

今はたまたま人生の途中、縄やSMにハマる時期だと思って、自分に対して大目に見てます。

 

 

次回は私の肉じゃがについて、語ろうと思います❤️