読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄酔いの宴

一ヶ月目の感謝

ブログをはじめて一ヶ月が経ちました。

まだアクセス数はほんの微々たるものです。

それでも中には丁寧なメッセージをくださる方もいらっしゃいます。

ツイッターやミクシ、コメント欄にいただいてます。本当にありがたく思います。

書いた内容に共感した、とおっしゃっていただくことも多く、

自分の感じたことが全くの独りよがりではなかったことに安堵いたしました。

これからも勝手ながら、

思いつくことを綴ってまいります。

まだ浅い経験から物を申してますので、

先輩方からしたら眉をひそめたくなることもあるでしょう…と内心ひやひやしているんですよ。

個人を特定できることは、プライバシーに配慮して書きません。

あくまでも今の時点で思うこと考えることを、残しておこうと思った次第です。

ご自分の経験や考えと照らし合わせて、

合う部分同意しかねる部分、

思いを巡らせていただけたら幸いです。

ただの一M女の告白ですから…

 

 

SM縄業界では、性癖は人それぞれだから、他人についてとやかく言うのは無粋なのだという暗黙の了解があるようで、

みなさん優しく見守ってくださる。

大人な方が多い。

 

こんなに自由な業界なのに、

縛られたいだなんて、

矛盾してますね。

その矛盾が可笑しくて好き。

 

縄文化が、いい方向に発展するといいな!と思います。

みなさんと交流して、お話したいです。

メッセージをいただいたら、返せる範囲で無理なく返信いたします。

基本無精なので、遅くなりますがご了承くださいませ。

ツイッターI.D.nana_tsubaki

 

いやらしく、むごたらしく、

情感溢れる

緊縛美の世界

その魅力の虜になったら

抜け出せない

 

ならばいっそ

縄を虜にさせましょう。

そんなモデルになりたい。

 

お縄になりませんように…

 

まだ私は縄に飼い慣らされている

卑しい身分です。

 

寂しくなると、

縛られたくてたまらなくなるのです。

 

夏も終わってしまいますね。

空気がだんだん冷えてくると、しんみりした気分になります。

秋は夏よりも寂しい気分になりますから、縄を欲しがる気持ちも高まることでしょう。

 

夜長の戯れに

縛っていただけますか?

緋色の襦袢がいいですね。

 

月見よりお団子が好きなMより