縄酔いの宴

脱予定調和

SMや緊縛に一番なくてはならないのは、M女の恥じらいだと思っています。

 女の恥じらう姿が、何よりも欲情をそそる…のではないでしょうか。

という固定観念があるのですが、

なかなか清い恥じらいって難しい。

 

受け慣れると一番何が弊害かって、

慣れてしまうことです。

縛りってアブノーマルな行為だから

本来なら恥ずかしいはずなのに、

それが当たり前になってくる。周りも、少しくらい際どいことしても、気にしない。慣れてしまって、無感覚になっている。

それにつられて、

だんだん無羞恥Mになってきてしまったような気がします。

そんな予定調和感にげんなりとしてしまって、最近はしばらく縄から離れようと思ってます。

自分の慣れが嫌です。 

全然処女ではないけど、

初心ではありたいです。

そうじゃないと、縛られる新鮮な喜びが薄れてきちゃうんですよね。

 

つまらないです、予定調和な縛り。

大根役者が演じるSM劇は惨めです。

すぐに本人たちも白けてしまいます。

演技はすぐバレます。

本気じゃないと意味がない。

本気で感じないと気持ちよくない。

筋書きが分からないリアルな縛りがしたい!

 

受けるとき、縄筋は読みません。

身体が反応して、縛り手の呼吸に合わせているようですが、

それは無意識の反射。

こうしたいって意思が伝わるんですよね。決して縄筋は予測しませんし、追わないし覚えません。

私は一度も縛ったことがないので、手順など分かりません。

縛りたくもないので、覚えません。

めんどくさいから。

筋書きとか手順とか、どうでもいい。

 

SMや緊縛には趣向の違いがあります。

大雑把に言うと、鬼畜派と耽美派があるようです。あとただ単にスケベなだけの人もいます。

嗜虐趣味でエログロで拷問系のSな縛り。

縛られている女性の美しさを賛美する芸術的な縛り。

全然理想が違います。

各々が抱いているSM緊縛イメージが重なり合わないと、相性が良くないのだと思います。

 

趣向の違いなのでしょうか…

鬼畜系は喜劇的ですが、

耽美派は悲劇に思えます。

 

ちなみに私は耽美派です。

鼻フックや浣腸は苦手。エログロえげつないものが嫌い。汚いなと貶められるより、綺麗だよ、と言われたい。

ロマンチストなのでしょう。

めんどくさい女でしょうか?

 

耽美派としてこだわりがあります。

 M女はフレッシュな方がいい。

それは私の矜持で、

決して慣れてはいけない。

SMや緊縛行為に、染まりすぎちゃつまらない。

実際、縄を受ける側にもそれなりの技術がいりますが…。あと、もちろん体の丈夫さ。受け手が慣れないと、いい縛りにはならないのは確かです。縛り手もつい遠慮がちになって、思いっきり縛れないですから。

ただ、縛り自体に気持ちが慣れてはいけないのだなと思います。

縛られる前はいつも、

はじめて縄をかけられる時の気持ちを蘇らせます。不安と困惑と羞恥の感情を思い出します。

いつまでも初心でいたいです。

 

 

縛り手側としても、

責めて!

と要求している勝気なMより、

嫌がりながらも受け入れてくれるMの方が可愛いのだと思うのですが、どうなのですか?

こうしてああしてと、わがまま言われたいですか?

 

受け手をやり続けていると、どんどん気が強くなるような気がします。

傷める縄をかけられたら、

ノーとはっきり声をあげなきゃならない。

じゃないと命が危ない。 

そういう意味では、縛りとは主従関係というよりも、

共同作業だと思います。

受け手も縛り手に負けじと、だんだん勝気になっていく。

S性のようなものが育っていく。

それに気迫のある縛りはある意味臨死体験のようなもので、
死と再生の儀式であるような気がします。
生還することを繰り返すと、おのずと人は強くなるような気がします。
受け手はタフです。 

 

基本的に女の子の方が気が強い。
エロに積極的だったりする。
男性は女性のパワーに圧倒されてしまう。
女の欲は深い。
快楽のためには、蛇のようにしたたかになる。粘着もする。

M性と依存心が結びついたら…

主様もそれなりにご覚悟を。

刺されます。

 

一方通行俺様系Sには、自分を大切にしないMしか寄ってこない。

それはあまり幸福なSM関係じゃない。

ただのSの独りよがりと、

Mの自罰願望の空虚なすれ違い。

それはSMというよりも、愛されない自分の確認作業にすぎません。

愛のある縛りやSMって、難しいですよね。精神的に成熟してないと、闇に飲まれてしまう。

メンタル病まないように、一番気をつけています。たまに危ういときもありますが…

みなさんはどのように精神管理してますか?

 

私にとってSMとは、幸福なもの。

縛りとは愛情表現。

幸せじゃないな、と感じたら、

自分の感覚を信じて、状況や関係を変えたい。

無意味なものにしがみつきたくない。

 

 

 

S男性に望むのは、

とにかく孤高であってほしいですね!

特に縛り手って甘えん坊な人が多い印象なんですけど、

どこか孤独の匂いがしてほしい。

構ってちゃんMが疎まれるように、

俺を認めて!と承認求める俺様系Sは、品性がなくて嫌い。

 

 

寂しさと繊細さがS男性の魅力。

 

寂しさを癒すために、

SMをするんです。

 

寂しそうなSでいてほしい。

 

寂しいMより

 

 

 

構ってちゃんMも興醒めだけど、

目立ちたがりなSもあまり

 

ひっそりとやるのがSM。

ドヤ顔に