読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縄酔いの宴

プライドと殺意

縄好きの人の怖さって、

縄自体の危なさの問題だけじゃないと思っています。

 

怖いのは、プライドと、縛る動機。

 

縄のうまい人、ライフワークにしてる人ほど、自身の縄に対するプライドはかなり高いですよね。

当たり前です。

そのプライドは、絶対傷つけてはならないのだと感じます。

 

ただ、縛られている方としても相手の都合ばかり飲むわけにはいきません。

 

だから、たまに衝突することになります。

 

 

それは縄師とモデルのガチンコ勝負!

と捉えることもできるでしょうね。

ある意味緊縛の醍醐味なのかな、とも思うようになりましたが…

私はプロとして活動してるわけじゃないけれど。

すでにガチンコ感はヒリヒリ感じてます。まだ私が感じてるのは、甘い方でしょうね。

緊縛じゃなくて、緊迫です…。

 

 

 

なぜ、縄にハマったのか…

思いを巡らせることは、ありますか?

 

縄の相手をしていて、

その人の縛る動機が、

殺人衝動のようなものなんじゃないか、

と感じるときがあります。

 

不特定多数に対する殺意か、

惚れた女を自分の手にかけて殺したいのか、

分かりませんけれども。

そういう負の衝動を、

縛りのプレイとして、昇華してるんだなあ、と感じる。

 

縛るのが好き、

=拘束、監禁したい、

自分の世界に閉じ込めてしまいたい。

虐めて苦しめて支配したい、

ということにもなりますから。

 

自分を苦しめた女というものへの、

復讐なのかな?

とも思う。

 

 

 

愛が深すぎる、というか…

愛ではないのかもしれません。

嫉妬は深い。

憎しみまでいくと、もっと怖い。

 

天城越え

誰かに取られるくらいなら、

あなたを殺していいですか?

そんな世界観。

慈しみ育む愛ではなく、

SM的な愛。

 

 

この人は私を縛って、

散々に蹂躙し、犯し、

殺め、

冷たくなった頬を手のひらで包み、

泣きながら謝りながら、

山に埋め、

何食わぬ顔をして日常に戻るのでしょう。

 

そこまでの情念を、男性の縄師から感じることもある。

 

なんて、ちょっと大袈裟な言い方ですが、

そういう人も、もちろんいるんだよ、

SMやってるんですから…

苦しめるのも苦しむのも好きなのよ。 

 

縄が危なくて怪我するとか以前に、

 

一番怖いと思うのは、

嫉妬。

 

縄に入るということは、

強烈に相手を自分に引き寄せてしまうということでもあるんだなと思い、

危うさを自覚している私は、

なかなか深い関係になれません。

 

 

私の中にも、殺されたいという欲望があるのかな…

と思うのも、怖い。

  

 

死ぬ間際に見るのが、

あなたの目の奥に燃える炎だったら…

 

 

 

 

それがSMの行き着く先なら、

そりゃ尻込みします。

 

 

 

人って怖いよ。

怖いだけじゃないけど。

疑いながら信じないと、やっていけない。

 

 

せめて自分は、闇に飲まれないようにしないと。

 

 

~(=^・ω・^)ノ ニャー! 

 

 

 

 和泉那奈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欲求

最近性欲が湧かないので、

私は淡白なのかな、と思ってましたが、

縄してるからでした。

 

あんまり縄したいしたいという欲求も湧かないな、と思いましたが、

ちゃんとぼちぼち縄してるからでした。

 

自縛もめったにしません。

縄してるからでした。

 

縄は必ずしも=性欲じゃないようで。

 

心の解放とか表現とか知的好奇心のために縄してるだけだから!

というのも、もちろんある。

 

アートだから!とは言い訳かな。

便利!

縄はアートだから。

 

ちゃんとセックスでもあるね。

 

知的好奇心強い人はたいてい性欲強いんだよ、

と言われました。

 

そうなの?!

私はセックスに関しては真面目です。

 

 

 

今年はまだ縄してません。

 

 

今夜はSM系のお店で、

ただぼーっと寝てます。

おもちうまい。

 

 

睡眠欲旺盛なわりに、

きちんと質のよい睡眠とるの苦手です。

寝れるときがチャンス!

 

所構わず寝ちゃうので、

放っておいてね!

 

構ってほしいときは、

それとなく近寄っていくので…

 

 

和泉那奈

 

 

妄想エロコント②

個室居酒屋にて。

会社の上司と部下OL。

 

 

※※※※※※※※※※※※※※

 

 

「こんなに拘束時間が長い仕事ははじめてで…」

 

「悪かったね。締め切りに縛られる仕事は辛いよな。

明日久々の休みだから、たくさん飲みなさい。タクシーで送るから、終電までという時間の縛りはないよ。」

 

「やっと解放された!ビール美味しいですね。」

 

「俺も解放されたいな。普段は会社に拘束され、妻に拘束され、家庭に拘束されてるからね。

週末は子供たちを連れて、車で妻の実家まで行くんだ。長距離運転だよ。

運転席にシートベルトで拘束されるんだ。

よき社会人でよき夫で、よき父という立場にも。

その次の休みには、 

町内会の役員業務に、長時間拘束されるんだ。

君は独身だから、会社以外に拘束されないだろう?

束縛してくる彼氏はいるの?」

 

「いいえ…

いません。もてませんから。」

 

「自由でいいじゃないか。」

 

「寂しいですよ。

ぎゅっと抱きしめて…

拘束してくれる人が欲しいですよ。」

 

 

「そうか。君は拘束されたいんだね。」

 

「課長は自由になりたいの?」

 

「俺も寂しがりやだから、結局何かに縛られてないと、どうしていいか分からなくなるだろうな。

自由にしていいって言われたって、どうやって生きればいいか途方に暮れてしまうだろうから。」

 

「縛られるの好きなんですね。」

 

「うちの奥さん、ヤキモチ焼きだからね。」

 

「なんだ、ただの、のろけじゃないですか。愛妻家なんですね。ちょっと嫉妬…」

 

「うちの奥さんは、縛るのも縛られるのも好きなんだ。」

 

「何か変な言い方!

さっきから拘束だの、縛るだの、縛られるだの…」

 

「身体を拘束されたことはないの?」

 

「え?そんな…手錠とかですか?」

 

「例えば…縄、とか。」

 

「縄?

亀甲縛りとかの、ヤツですか?

まさか。そんな機会ありませんよ。」

 

「目が一瞬潤んだね。マゾっぽいな。

もしや興味があるの?」

 

「そんな…恥ずかしいです。

だって、何をされるか分からないじゃないですか。身動きとれなくなっちゃうんでしょう?」

 

「拘束されたいと言ったじゃないか。」

 

「それは、気持ちの問題です。」

 

「じゃあ、君は心を縛られるのは嬉しいんだね。

どうして身体はダメなんだ?」

 

「だって…」

 

 おもむろにネクタイを外す課長。

 

「ネクタイは男の拘束具だよ。俺は今解放されたんだ。今の俺は、君が普段会社で接してる俺じゃない。

もう一つの…人格があるんだよ。

この拘束具で、まずは君の手首を縛らせてくれないか。

その華奢で折れそうな…」

 

「ええ?そんな…いや…!」

 

「あれ?

これは…

この手首の跡は…

 

 

縄跡じゃないか!!

 

 

君もそうだったのか!」

 

 

 

 

 

「私は知ってましたよ、課長。

だって課長のスーツに、たまに麻縄のケバがついてるから…」

 

 

 

 

 

 

 

和泉那奈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妄想エロコント

エロが足りない!

読んでいて、つまらないと思われてるでしょう。

 

もうちょっとサービス精神が欲しいかも。

 

(´・ω・`)ショボーン

 

かといって、

おっぱいとかお尻出すのは嫌だし…

縛りのときはほとんど写真撮らないし…。

 

ということで、

三文エロを書いたよ!

(´,,•ω•,,`)

 

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

「今日は何されてもいいんだろう?」

 

「はい…」

 

「腰抜けるまでやるからな」

 

 「怖いです…優しくしてください。」

 

「優しい縄なんかかけるか!

甘えるんじゃない!」

 

バシッ!

 

ああ!

 

ほら!

 

いやああああ!!

 

「お前、誰の縄が良かったんだ!

人前でイキまくりやがって、この変態女!

縛られるのが好きなのか?

見られると興奮するのか?

ただのあばずれだからな、お前は!

この淫乱!」

 

「やめて…そんなこと言われたら…」

ガクガクガク…

 

「もう酔い始めたのか?

まだ胸にしか縄かかってないじゃないか、この好きモノめ!」

 

とろ〜〜ん、、、

ううう… 

 

「お前、誰に縛られた時が一番濡れたんだ?

誰の縄が一番感じたんだ?

このヤリ◯ンメス豚女め!」

 

「ああ、痛いよお!

だめえ、、、」

 

ひくひくひく…

 

「この変態女!」

 

ペシペシ!

 

「ああん、お尻叩かないで!」

 

「白くてむちむちな尻肉だな。

跡がほの紅くなったぞ、なかなか綺麗じゃないか。」

 

「嬉しいです…。もっと綺麗にしてください。」

 

 

「よし、いい子だ、ちゃんと下の毛を剃ってきたんだな。

 見せてみろよ。」

 

「だめえ…恥ずかしい。」

 

「ほら、大事なところが丸見えだぞ。

いい眺めだな。

ぐちょぐちょじゃないか、

縄だけでいっちゃうのか、

股縄欲しいか?

キツく食い込ませるとたまらないんだろ、

お前。どうしようもないマゾだもんな。

こんなに濡れてちゃ、縄一本駄目にしちゃうじゃないか!

この淫乱おま◯こが!」

 

「やめてえ…頭が変になっちゃう…」

 

 

「縄とちん◯、どっちが欲しいんだ?

どっちをお◯こに入れて欲しいんだ?」

 

んん…んぐう、

 

「はっきり言いやがれ、

ほら、よだれ塗れでみっともないな、

いい顔しやがって、

顔が溶けてるぞ」

 

「 何が欲しいんだよ」

  

「お…おち◯ちんが欲しいです…」

 

「よし、ちゃんと言えたから、

ご褒美やらなきゃな。」

 

ずぷぷ…、、

 

「あああん!いや!

やめて、いきなり奥つかないで!」

 

う…うう…

 

 

あああ… 

 

 

 

 

「すけべな女だな…

俺の縄より、お前のお◯んこの方が、

締め付けるじゃねえか…

お前の中の方が、

よっぽど、

キツイぞ…」

 

 

 

「いや〜ん…」

 

 

 

 

 

 

 

╰( ^o^)╮-=ニ= =͟͟͞͞=͟͟͞͞=͟͟͞͞( ᐛパァ)

 

 

 

 

 

 

どうかな???

(´。✪ω✪。`)

 

 

 

ちょっとこってこて?

昭和感?

 

 

サービス精神!

だよ。

 

(;′Д`)ノぇー

 

 

 

 

和泉那奈

 

 

猫好きさんへ警告

緊縛師さん、猫好きが異様に多い。

SM業界にいる人、7〜8割くらい猫好きなのではないでしょうか。
猫飼ってたり、
猫の画像や動画をアップしたり。
みんな猫好きすぎるだろ!

 

~(=^・ω・^)ノ ニャー!


著名な緊縛師さんで犬を飼ってるのはカ◯ナさんとか…
でも、かなりの割合で、みんな猫好き…

 

 

ʅ(´◔౪◔)ʃ

 

 

今や空前の猫ブームだし、
女の子みんな猫好きだから、
ウケ狙いもあるのでしょうが…。

 

 

 

いいのか?
このままじゃ、みんな猫に支配されるぞ!
危機感を感じたほうがいい。

 

 

私はあんまりみんな猫好きすぎるから、
だんだん猫嫌いになってきたぞ!!

どうしてくれるんだ!!!

 

 

・ (・ε・`)ペッ

 

 

「犬と猫どっちが好き?」


という素朴な質問に、

 

「カピパラが好きや」

 

と答えたのは、

池袋のあの人でした。

 

 

 

そのくらいの反骨心を持ちましょうよ!

 

 

 

猫怖いよ!
あいつら、人間を支配する気だぞ。

目を覚まそう!

 

f:id:izuminana:20170103120257j:image

猫は悪魔。

 

 

今年は酉年だぞ!

 

f:id:izuminana:20170103120233j:image

 

鳩も可愛いよ❤️

 

 

 

 

 

和泉那奈

 

 

 

新年

あけましておめでとうございます!

 

 

パンパカパーン!!!

 

(๑•́ ₃ •̀๑)/

 

f:id:izuminana:20170101225224j:image

新年一発目の写真は、

ショッピングセンター駐車場で撮った、

初夕暮れです。

 

皆さまどんなお正月を迎えましたか?

私は実家でのんびり。

買い物行ったり、料理をしてました。

ユニクロ行ったり❤️

お正月料理もどきの、簡単なご馳走もどきの準備をしてました。

 

お雑煮作りました。

f:id:izuminana:20170101224644j:image

うちは、栗きんとんではなく、りんごきんとん!

りんごを煮たものをお芋と合わせるのです。甘すぎなくて、めちゃくちゃ美味い。

お雑煮はさっぱり鶏の和風出汁。

母の味を受け継いでおります。

酒にピントが合っている、と言われたぞ。

無意識無作為に、出ちゃうんですね。

f:id:izuminana:20170101224542j:image

切り干し大根アンド大根の千切りを、

ホタテほぐし身とマヨネーズで和えると美味いよ。

 

なんて、嫌味な女子力アピールは放っておいて…。

(・ε・)プップクプー

 

 

今までSMバーやサロン、縄会などでお会いした皆様、

心からよいご縁にしたいと思っております。

ひたすら人と向き合い続けた昨年。

人目があろうと、講習会であろうと、ガッツリ縄酔い!

プレイのつもりで縛られました。

 

きちんと人と人が向き合い縛り縛られると、人は決して擦れない、穢れない。

それこそ正しい縛りであると思います。

M女らしき一途さは今の所皆無ですが…

まあ、いつか一途になるのかも。

流れに身を任せ、淀まないように。

 

 

明るくなった、と言われる今日この頃。

元々ビビリな性格で、しかもSM業界に警戒していた私です。最初は口数も少なかったのですが、よく行く場所では軽口を叩けるまでになりました。

お知り合いが増えたせいで、馴染んでしまったようですが…

明るくなった、プラスのエネルギーを感じると言われました。

たくさん縛られてるのに!

 

すごいだろ…

 

( ̄ー ̄)ニヤ... 

 

 

それだけ、一縛一縛、大切にしてきたのです。 

 

ちょっとだけ言わせてください。

 

どうか、生かすために、救うために縄をかけてほしいです。

縛りの最中、お互いのエネルギーは移る。時に侵食する。

いくら惨たらしく責めていても、生かそうとする縄は、受けても病みません。

それに気がつけないで、自滅して病んでしまうなら、縄をお休みしましょう。

 

 

 

これからは公の場で縛られることもあるでしょう。

それでも今年のテーマは

1 on 1

ワンオンワン!

常にプレイ縄!

ショーでやるような、

人に見せるためにカッコよく縛ろうとする縛り方が巷でまかり通っていて、うまく縛ろうとする気持ちが先行、

技術ばかりを追求し、

一番大切な、人と向き合おうとする気持ちがおろそかになっているのではないかと、

なんとなく思ってます。

 

俺もあんなふうにかっこよく吊りたい!

と思って、講習会へ習いに来る方も多い。

そういう人に縛られ続けると、

女は擦れていく。ような気がする。

利用されるだけだと、魂が傷つくんです。

 

縛りなんて下手でもいい、

というのが、最近の私の持論です。

多少荒くてもいい。

うまく安全に吊ろうとしなくてもいい。

不安なら吊らなきゃいい。

 

緊縛プレイの何が楽しいかって、

二人で縄で対話をすること、

縄に対する感性が高いもの同士だけができる、究極のコミュニケーションを堪能すること、だと思います。

綺麗に縛られることで、

どんどん女はいい女になっていくんですよ。

それこそ至福じゃないですか。

 

女が綺麗で明るくて可愛いと、

男の人も生きるのが楽しくなるよね。

♪ ♬ ヾ(´︶`♡)ノ ♬ ♪

 

縄がSMから独立したような風潮になっていますが、

 

次回からはそうなって良かったこと、

逆に悪かったことを、

考えてみようと思います。

 

 

テーマは

古典緊縛の継承!

 

そして、新しい緊縛の可能性を探る。

古きをたずねて新しきを知る。

温故知新。

 

緊縛研究というより、

人間探求ですね。

 

緊縛への愛、

SM業界への愛は誰にも負けません。

 

ほとばしれ、熱きパトス!

 

今年もよろしく。

 

 

和泉那奈

 

 

 

 

 

 

私の弱点とメンテナンスとパーソナルトレーニング

自転車が不注意で飛び出して車と衝突したとしても、車の過失の方が大きくなる。

強いものが悪い、加害者になるわけです。一般的には。

 

例えばSMも、怪我をさせた方が全面的に悪い。加害者、になる。

Sをやるのは、実はMより危険な場合がある。

裁判では絶対に勝てない。

ツイッターでも、晒し行為をされる。

もちろん怪我をさせることは一般的に悪いことだけど、

SM行為に生傷は不可避なわけで。

何が合意なの?という、一番微妙な問題がある。

何かこじれたとしたら、

立場はSの方が弱かったりしますね。

 

 

 

 

中にはタチの悪いMもいるようですね。

プロの緊縛師さんも、相当嫌な思いや苦労をしているようです。

ストーカー行為なども含めて。

 

そういうクラッシャー、悪質なクレーマー行為をする人がいる限り、

プロも、かなり慎重にならざるを得ないのでしょう。

 

だから余計に、ガチなプレイをしなくなる。

 

私が気をつけているのは、

体調が悪かったり、体のダメージがたまっているときは、プレイをしないこと、です。

生理だったり、お酒を呑んでいるときも、かなり気をつけるようになります。

 

体の調子を整える、ということも、大切なマナーですよね。

飛び込みで縛られに行ったりするわけだから、そのくらいは準備しなきゃ失礼。

 

ということで、

今後の課題。

 

(ᐛ)パァ?

 

広背筋と上腕三頭筋をつける!です。

 

 

縄好き女子の間で、流行ってます。

柔軟と筋トレ。

体のコンディションを整えると、プレイの幅も広がるし、

怪我をしにくくなる。

 

私も最近、縄関係の友達に、パーソナルトレーナーになってもらいました。

 

筋トレプレイ?

( ᐛ)ハァ…ッ!!

 

 

上腕の上側はかなり筋肉があり、

ちょっと負荷がかかっちゃっても平気。

筋肉が鎧になり、神経をまもってくれています。

緊縛事故としてよく取り沙汰される、神経の損傷は、本当に怖い…

 

ただ、下三分の一の肉が薄いので、心配。

今はそこを少しずつ鍛えてます。

 

 

広背筋は、背中の大きな筋肉。

広背筋を鍛えると胸を張りやすくなり、

後手が組みやすくなる。

猫背の後手縛りは、ちょっとカッコ悪いですよね。

後手の何がいいかって、姿勢が良くなるんです。

姿勢が良いと、女の人って綺麗でしょう?

普段の姿勢もよくなるし、ちゃんと体幹に筋肉がつくと、疲れにくい体になりますね。腰痛予防にもなる。

 

胸を張ろう!

背筋を伸ばして、縛られましょう。

その方が断然美しい。

 

 

ということで、この二つの筋肉を重点的に鍛えようとしてます。

無理なく…ね!

 

 

一番大事なことは、

自分の体の弱いところを知ること。

自分とよく向き合うこと。

 

人によって、合う縛り方は違います。

人体の仕組みを知ること。大事です。

 

所謂緊縛事故を減らすのは、それが一番ですよね。

縄の危険性は、受ける人の耐久性、体調、状態しだい、ということにもなってしまいます。

縛る人がそれを見抜いて、その人に合わせた縛りをすればいいのですが、

なかなかそこまで合わせられることはないでしょう。

弱い部分、傷めている部分、持病、体調、メンタルの調子、etc…

すべてを把握するなんて、長年のパートナーでも難しい。

ましてや初対面では!

まず無理です。

 

だから、初対面の人を無闇に吊らないで欲しい。特に縄に慣れていない子を縛る時。

いくら上級者でも、何が起こるか分かりません。

(それに、吊りはあまりプレイには向かないように思います。)

吊らなくても、面白い縛りはたくさんありますよね。

大切なのは、二人がどこまで楽しめるか、だと思うのですが…

 

 

 

自分ときちんと向き合えば、

相手とも向き合えるようになりますよね。

 

 

 

 

 

まだ緊縛慣れしてないころ、

「体を傷めるのが怖いから、腕に肉をつけたいんですけど…」

と、

ハマの大御所K川さんカップルに相談しましたが…

 

その超大物緊縛師は、

 

「そんなの縛る人に任せればいいんだ。」

 

と、事もなげに言いました。 

 

 

いや…ホントにちゃんと任せられる男なんて、そうそういないですから…

 

 

(つ´,,・ω・,,`)つだっこ~

 

 

その方のパートナーさんからも、

 

「太ればいいのよ。

日本酒飲みなさい。」

 

と、一蹴されました。

 

 

 

ええと…

╰( ^o^)╮-=ニ= =͟͟͞͞=͟͟͞͞=͟͟͞͞( ᐛパァ)

 

 

我々下々の者は、そんな簡単にはいかないわけで…

 

 

 

 

 

さすが、快楽主義の先輩は違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

流行らせたい名言。

 

 

 

 

 

なぜ縛られるのか?

そこに縄があるから。

 

 

 

 

 └*1┘フッ バカダナ

 

 

 

 

 

 和泉那奈

 

 

 

*1:´э`