縄酔いの宴

共鳴

このブログをはじめてから、
有難いことに、
「共感しました」
という感想をいただくことが多かったです。

 

基本的にビビりなので、
結構ビクビク書いてきましたが、
それが逆に良かったのかもしれない。
と思う。
弱さをさらけ出すことで、
人ははじめて共感してくれる。

 

悩みというのは実は、
その人だけの特別なものではなく、
誰もが似たようなことで悩んでたりする。

 

文章を読むときは、だいたい自分と照らし合わせますよね。
このブログを読んでくださった方が、
自然と自分を重ね合わせて、
自分自身を振り返る。

 

もちろん自分とは合わない、違うな、
と思う方もいらっしゃるでしょうが、

 


私も。
私も。
俺もそうだ。
同じようなこと思ってた!
という人がどんどん出てくる。

 


共感する人がたくさんいるということは、
みんな似たようなことを思ってる。
悩んでる、
困っている、苦しんでいる。
ということが分かってくる。

 

 

明らかに問題あることがあったら、
これはおかしなことだから、
どうにかしなくちゃ、
という動きが起こる。

 


SMファン、緊縛マニアさんは、
共感能力が高く、根が優しい人が多いですしね。

 


上から説教じみたことばかり言っていたら、
反発を招いていただけかもしれませんね。
何様だよ、お前って。

 


悩んでいる姿を素直に見せるだけで、
助けになりたい、と思ってくれる人が出てくる。

 

そうしたら、
私よりはるかに力のある方が、
代わりにちゃんと発言してくれるし、
行動を起こしてくれる。

 


後は頼りになるスゴイ方に、
委ねていればいいのだな、と思います。

 

 

私が縛りに求めていた

共鳴

という現象のように、思えてなりません。

 


ツイッターは、共鳴現象を表現するのに、
とてもふさわしいツール。
拡散するしね。
離れていても、繋がっている!
ってね!


心理学、脳科学、性科学、インターネット学、
人文学、文化人類学

 

いろんな分野から
アプローチをかけて見たら、

とても面白い。
興味深いなあ。と思います。

 

ごく精神的な、
目には見えないものですけど、
SMや縛り自体がそもそもメンタル重視で成り立つ、とても贅沢な行為ですよね。


電脳空間はリアルでも虚構でもない仮想世界なのですが、
共有している脳内世界を
目に見える形で表すことができます。

特にツイッターは、
共有を表すのに便利!


所有ではなく、
共有ですよ。

 


IT緊縛!


新しい緊縛!


なんてね❤️

 

 


縄を使わず
心を縛っちゃうなんて…


悪い女でごめんなさいね。


あなたがそう育てたの…


(´,,•ω•,,`)

 

 

 

一年経ちました!


ブログをはじめて、気がついたら一年が経ちました!

 

本当に、濃い一年でした。

今迄続けてこられたのも、

皆々様が温かく見守ってくださったお陰です。

本当にありがとうございます!

 

m(_ _)m

 

多謝多謝でございます。

 

このブログをはじめた当初の目的は、

文章を書きたいから!

でした。

大好きな緊縛の世界を自分なりに表してみよう!

と、おっかなびっくり開設したのですが、結構反響はあるようで嬉しい限りでございます。

 

 

 

緊縛自体の面白さは…

最近縛られる機会も減ったので、

正直忘れかけています。

 

 

 

いろいろ知りすぎてしまって、

いろいろ嫌なこともあって、

夢だけじゃ済まないんだ。

怖い世界だから逃げたい…

という気持ちもあります。

 

 

緊縛が心から純粋に楽しめなくなってきた。

正直辛いです。

それほど、リアルになり過ぎちゃった。

 

 

今、

「縄が好きです。」

と言うならば、それは嘘になってしまいます。

 

 

 

どうかまた、

私の緊縛への情熱を、

思い出させてくださいね。

 

 

 

 

私の欲望も、私の嘘も、

全部あなたが脱がして暴いてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虚と実のあいだ

今まで、赤裸々に、率直に、
文章を綴ってきました。

 

時には、みっともないような内容もありました。
間違いや恥ずかしいことも。
振り返ったら消したくなるので、読み返すこともありません。

 

それでも、
自分をさらけ出す練習だと思っていました。


悩みながらの緊縛人生。
うじうじしていたり、めんどくさくなったり、弱気になったり、時には傲慢になったり…

そんな、人間くさいところも見せてきた。見せようと、努力をしてきました。

 

もともと自分の殻に閉じこもりがちだった内気な女が、
自分をさらけ出し、それを周りの人にありのまま受け入れてもらえている。

 

それが、
すごく自信に繋がっています。
本当に、ありがたいことでございます。
感謝の一言に尽きます。

 


ただ、最近、不思議なんです。

知らず知らず、
自分に嘘をついているのかもしれない。

なんて、思うようになってきた。

 

人に見せている以上、
考えながらものを書いている。


自分を演じているような気持ちが強くなってきた。


自分を主人公とした物語を書いているような気になってきました。

 


私の世界は私の目を通して見ている以上、私だけのもの。

 


それを他人がどう思っているのか、分かりませんが…

 


今の救いはひとつ。
読んでくださる方が、
少しでも楽しんでいただけたら…
興奮していただけたら。
それだけがやりがい。喜びです。

 

 

お役に立てて、幸いに思います。

 

 


一人の非力な女が、
SMや緊縛を通して、人との信頼を築こうともがきながら、
成長していく物語になっているかと思います。

…多分。

 

 

 

昼間の世界に戻ると、いつも不思議に思う。 

 


縛りって、緊縛って…
夢だったの?

 


私の空想なのかなあって。
時々混乱するんです。

 

 

夢でもいいし、夢じゃなくてもいいけど、
特別なものであってほしい。

 


そのためには、新鮮な気持ちを取り戻したいなあ、なんて思う今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 


SM緊縛業界は、欲望の世界。


欲望の世界にいるのに、
人からどう見られるかとか…
批判されたら嫌とか…
人生壊したくないとか…

ただ自分を守るばかりで。

変な話ですがそのせいでちょっと、自分自身を見失いかけています。

 

 


あなたも仮面をかぶっていませんか?

人とは可笑しな生き物ですね。  

 

 

 

さて、私とは一体、誰なのでしょうか?

自分でも、よく分からなくなってきた。

 


私とはリアルでしょうか?
それとも虚構の存在?


誰かが創造した、
架空の女なのかもしれないのに。


なんてね。


虚と実のあいだに、
真の愉しみがありますよ。

 

そのくらい、ファンタジーがある方が楽しいって思う。


人生はお芝居。
自分が主人公の舞台。
自分の人生なので、自分で脚本を書くのです。


どうせならとびきり、
いいお芝居にしたいなあ。 

 


人は皆、役者。

 

 

夢と現実の狭間でたゆたい、
互いの情熱に惹かれ、
甘い痛みの儚さに酔うのです。

 

 

 


切ない気持ちが一番苦しい。

 

私を思って。
私を感じて。
私を妄想してね。

 


夢の中で、
私を穢してね。

 

 

ブログを開設して、

そろそろ一年が経ちます。

 

f:id:izuminana:20170729185749j:image

愛すべき、悪い女たち

どーも!
悪い女でーす❤️
♪ ♬ ヾ(´︶`♡)ノ ♬ ♪

 

 

最近は、悪い女活動を頑張っております。
馴染みの縄仲間さんとヨットに行きました!セイリングです。

 

f:id:izuminana:20170723111632j:image


悪い感じに撮ってもらった。

清楚なセレブ気取りの悪い女…
っぽいなあ❤️

いかがでしょうか?

 

先日はまたそのメンバーさんと…

 

なんと…

 


豊島園に行きました!!!

(ノ≧∀)ノ
よくやった!!

 

家族連れが多い中、変態御一行が混じり…遠慮なく縄話に花を咲かせる。
流れるプールでプカプカ流される変態…
ウォータースライダーで滑り落ち、悲鳴を上げる変態…


ワルイな〜〜

 

不純異性交遊and変態性の露出。
確実に平和なご家庭を犯しています。

 

お仲間の皆さんありがとうございました❤️
まだまだ夏は始まったばかりです。


悪い女からは、学ぶところが多いのです。

私はどこかぶっ飛んだところがあるのか、仲良くなるのもかなりぶっ飛んだ女の子が多い。

その中にも
この女にハマったら地獄を見るな、
悪い女はいます。

その代表格が、YEちゃん。

5年くらい前、美術館で働いていた時に知り合い、なんとなく意気投合して今に至ります。

普段ほとんど連絡はとらないのですが、
たまに彼女から誘いがある。
年に2回くらいしか会いませんが、これからも同じような付き合いが続くでしょう。

明るくて美人で話上手、周りに気配りも出来て、仕事もテキパキ…
Theキラキラ女子!!

基本的に仕事の能力も並で、常にぼーっとしてる私は、最初彼女に気後れしていたのですが、

二人で飲みに行ったら
なんか知らないけど意気投合して、
なんか知らないけど
一目置いている
と言われます。

(*>ω<*)テレルー


性悪を絵に描いたような女の子で、私には手の内晒して面白がらせてくれるので、実は結構サービス精神旺盛な、エンターテイナーであったりします。
その実は、
男転がし、人心掌握術、心理操作の達人。

そんな彼女は自分の魅力をフル活用しながら、自由奔放、気ままに生きている。

ダイビングにハマったらしく、
好きなだけ無料でダイビングやり放題!
という売り文句に惹かれ、
とある南の島に移り住み、ラウンジ(つまりは水商売)で働きはじめた。

その島は、The治外法権

闘牛が盛ん。
賭け事が盛ん。


高校生がトランプ博打で数十万の借金を作ったりする。


島の政治は
ヤクザとズブズブの関係。

逮捕歴、前科当たり前。
飲む打つ買う当たり前。
薬もられてレイプ…など、犯罪行為もざらにある。


賭博で負った借金を返せなければ人身売買組織に売られ、
不法労働に従事させられる。


まるで漫画のカイジの世界。

そんな中、
一番部屋が綺麗だから
という理由で、元ヤクザのお客さんの家に住み着き、島ライフをエンジョイしていたらしい。
うまくやるよな…


そんな生活もどうやら飽きたらしく、
今度は沖縄のとある島で、とある青年実業家の仕事を手伝いながら、ラブラブ暮らす予定だとか。

 

そのしたたかさ、
タフな精神にびっくりした。

性悪で計算高くて、したたかなアバズレ…と酷い悪口オンパレードだけど、すべて本人の前で言ってます。

彼女は一切悪びれず、余裕で笑ってる。


ワルイな〜〜
♪ ♬ ヾ(´︶`♡)ノ ♬ ♪

悪役に徹する覚悟があるようで、
私はすごく好き。

 


考えてみれば私も、
SM島でなかなか頑張ってます。

 

まともなSMの人って、ちゃんと関わると優しいよ。
ちゃんと関わろうとしないから、
粗末に扱われるんだよ。

 


SM島の緊縛エリア界隈で、
割と名も顔も知られてしまった。
関わってきた方々の、なんと豪華なこと!!


みなさんに感謝の気持ちが溢れてきます。

 

緊縛歴はまだ2年ちょいですが、
生まれてこの方マゾだから、
マゾ歴は30数年です!!!


ლ(◉◞౪◟◉ )ლ 

 


躾が足りない私です。

 


悪い女に、なれるかな?
*1/“

 

 

*1:〃´▽`〃

感情の解放

 

普段、私は穏やかな方だと思います。
あまり声を荒らげることもありません。
落ち着いている、冷静だね、と言われることの方が多いです。

 

ホントだよ!
(´。✪ω✪。`)

 

そんな私でも、
怒りやイライラの感情はもちろんあります。

少し前、
心を揺さぶられる出来事が重なったので、久々に感情が高ぶりました。


ツイッター上で、自分の思いの一部を出しました。



感情に任せて、理性のリミッターを外していました。

ブログ内容のテーマに合わせたら、

感情を解放した!ということになるかな。

 

言葉も選ばず、
取り繕わず、
時には口汚く、生意気で、
時に小狡く、計算高そうな嫌な女っぽく…

 

自分の中にある性格の悪い部分、
あまり男ウケしなそうな部分(笑)を、
ツイートして晒しました。


╰( ^o^)╮-=ニ= =͟͟͞͞=͟͟͞͞=͟͟͞͞( ᐛパァ)


それを読んで、顔をしかめたり、
嫌な気持ちになった方もいたでしょう。

 

ただ私の未熟さが露わになっただけなのですし、気分を害されましたら

とても申し訳なく思いますが、

それで私を嫌いになるなら、仕方がないと振り切ることにしました。

 

 

 

聖人君子を目指しているわけでもないのです。

 

人間、誰しもダークな一面はあると思います。
すべて清らかな人なんて、
いるはずがないと思います。

 

 


弱さも、欠点も、
普段隠している闇もあります。

 

 

汚い私も、私です。

 

 

 

 

それを、試そうとはされたくないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己責任と、「委ねる」

今まで私はパートナーを作らず、

主にSMバーや縄会サロンなどでお会いした方と、人目がある場所で緊縛行為を楽しんでいたわけです。

 

相手がパートナーではないので、お互いに気を使います。

基本的に自らが好き好んで縛られにいっているのです。

少なくとも体調を整えることくらいは、マナーなのかな、と思っています。

 

緊縛行為に怪我はつきもの。
もともと拷問にも用いられた縄。
そもそもが危険行為だし、
体を酷使しますよね。

 

大きな怪我はしなくても
緊縛行為を繰り返すことで
ダメージが蓄積し、
将来的に体のどこかに支障がでる、あるいは不自由になるかもしれません。

 

フィジカルなダメージだけではなく、
様々な人間関係、相手とのトラブルにより、心に傷を負うこともあります。

 

しかも緊縛好きはつまり、世間的には変態、アブノーマルな行為です。
愛好がバレることで、プライベートの生活が壊れてしまうかもしれません。

 

リスクがたくさんあります。

 

ただ、正しい縄の知識、自分の体の理解をきちんとする…相手にノーとちゃんと伝える…相手をよく選ぶ…
などをすることで、自衛できることがたくさんありますよね。


今までは単独で行動していたので、(しかも基本的に一人行動多め)
自己責任自己管理が、より大切だったわけです。

例えばチャラチャラ調子に乗って複数の人と緊縛プレイをして、
怪我して後悔…では、大人として恥ずかしい。
十分フシダラなのですが、
一線は越えないよう、自分で自分を守らなきゃ…と思っていました。

 

ただ、もちろんすべてを自己責任として処理するわけにはいきませんよね。

誰かから怪我を負わされたり、ひどい目にあわされ、心に傷を負った子に対して、
「自己責任だから文句言うな。お前が悪い」と非難するのはあまりにも無慈悲でしょう。
傷に塩を塗り、更に追い詰めてしまうだけです。

 

それと、まだ縛られるのに慣れていないうちは、かけてはならない縄、というものが分かりません。
解かれてから、あ、手が動かない!
では遅いですね。
早めにストップを言えば、ほどいてもらえてセーフだった、ということもありますよね。
ショーではないのだし。

密室では無理ですが、集まりの場では、
経験者やお店主催側のフォローが不可欠です。

 

自己責任とは
怪我や人間関係のいざこざに限らず、

自分で決めた道なのだから、
腹を括りなさい。
身体的、心理的、社会的なリスクがあることも、
覚悟はしておきなさい。
人のせいばかりにはせず、
自分の行動は自分で決めているんだ、
ということをよく自覚し、よく考えて、自分を大切にね。
という意味でもあります。


もちろんそれも、大切な考え方だと思います。

 

 

ただ、
思い返せば、
緊縛で一番重要ことは?

何だったでしょうか。

 

信頼関係

なんですよね。

 

もともと私は、縄師とモデルの間で成り立っている信頼関係に、たまらないエロスを感じて、緊縛に魅了されたのです。

 

大事なのは
縛られる人が
縄師に
すべてを委ねられるか
ということ。

 

この身をすべて預け、
如何に捧げられるか、
ということなのではないでしょうか。

 

それがないと、如何なる責めも、縛りも、本来の意味を失ってしまう…
緊縛の魅力である、
互いが際限まで混じり合い、溶けあって一体になる…
壮絶なエクスタシィにまで、
達することができないのです。

 

口で言うのは簡単だけど、
そんなこと、実際にはなかなかできないんですよ。
私の場合、他の人からしたら、身体は十分委ねているレベルだと思いますが、(じゃないとハードな縄受けできません)
心理的にはまだ、閉ざしている。
冷静な部分を残し、相手を探っているようなところがありました。

 


誰でもいいってわけじゃないのです。

そんなに簡単に、信頼関係なんて築けないものです。


私が心を許し、
自らのすべてを明け渡したいと思うのは、
私を一番理解してくれる人。


本当に大切に思ってくださる方のために、

 

この身を投げ出し、
すべてを委ね、
惜しげもなく、
捧げるのですよ。

 

 


それが縛られることが好きな女の、
一番の幸せ。

 

 


心も身体も
あなたのもの…

 

 

 

ってね❤️

 

( ´艸`)

 

SM的情念の解放

元々私はSMに興味があって、フェティッシュ系のお店に足を運ぶようになったのですが…

 

その中でも特に緊縛に取り憑かれて、今に至ります。

 

もちろん私の中にもSやMの精神が強くある。

どこかその強い欲望を、プレイや作品作りというお芝居の世界で、完結させようとしているようなところがある。

 

自分の人生です。誰も責任とってくれません。
破滅はしたくないし、
平穏な暮らしを、周りの心優しく慈愛深い人々を、心から愛している。


普段の私は、職場や家族、友人などプライベートな人間関係で、あまりトラブルになることはありません。もちろんうまくいかないことも多々あるけど、大きな揉め事に発展したことがないのです。
小市民なので面倒事を嫌うし、
人を傷つけたくもないし、傷つきたくもないのです。平々凡々な平和主義の一般女性です。

 

自らのSM性をリアルに解放したら、
転落するのは目に見えています。


本当に器がでかい大人物か、根っからのマゾヒストなら、
平気で破滅も楽しめるのかもしれませんが。


私の欲望を慰めるのは、
表現の世界にしかないんだろう。
と思います。

 

緊縛について言えば、
縄酔いも、表現です。


作品としての緊縛に限らず、
プレイというのも、表現ですよ。
これ以上深みには踏み込めない…という線ギリギリで、表現という手段に昇華することで、自らのSM性を慰めている。

 

 

心優しきマニアは、昔からそういうものではないのでしょうか。

 

 


いつでも私は

 

SM的情念を

 

愛情という形に変えて、

 

縛りの中に置き去りにしてくるのです。